!important

驚異的な勃起力を誇るED治療薬バイアグラ

驚異的な勃起力を誇るED治療薬バイアグラ


バイアグラは、EDを改善するための薬として日本でも多く広く知れ渡っています。

ED(勃起不全)はこれまで「治らない」や「病気でない」と言われていたため、バイアグラが世界で最初に認可がおりたときは驚きを隠せなかったことを鮮明に覚えています。

実際には、成人男性の4人に1人がEDによって悩んでいると言われてます。
日本の厚生労働省にあたる機関であるアメリカのFDAがバイアグラを認可してから、半年もかからずに日本も同じように認可しました。

一般的に、アメリカやヨーロッパで認可したされた薬が日本で認可されるときは、3~5年の月日がかかります。
これは世の中のバイアグラに対する関心が非常に高かったことが伺えます。

バイアグラの服用効果

バイアグラは、性行為を行う約1時間前の服用により薬内に含有されているシルデナフィルという成分が陰茎の血管を拡張させ約5時間、勃起が持続すると言われています。
EDや中折れなどの症状改善が見込めるので、彼女との快適な性関係を戻したい人に推奨します。

FDA(アメリカ食品医薬品局)は、アメリカの政府機関で食品や医薬品のエビデンスを集め日々承認をしています。
FDAの承認基準は、他の機関と比較しても高く、臨床検査を日常的に行ってます。

日本国内では欧米などで認可された薬が日本人の体質や生活習慣に悪影響を与えるリスクかを調査するため3~5年の時間をかけて臨床検査をしますが、バイアグラは全米で販売をか開始してから1の経過も待たずに認可されました。

このバックグラウンドには、粗悪品を個人単位で仕入れて身体の健康を害す例が数例あったことに加えて、アメリカでの治験段階でEDへの効果が80%近かったことと副作用の少なさというエビデンスが迅速な認可を後ろ盾をしました。

そのためバイアグラは世界を見渡しても厳しい2つの承認基準を通過し、高い効果を保証している医薬品の1つであります。

適切な服用方法

この薬の服用方法は、他の薬と同じで水またはぬるま湯で服用するのが通常です。

カフェインやアルコールによる影響は小さいですが、過敏に反応してしまう人はこれらの成分の効果が強くなることが起こります。
しかし、牛乳やカフェオレといった乳脂肪分を含む飲み物と併用して飲むのはやめましょう。

成分の中で含有量が多いシルデナフィルは脂溶性で、牛乳などの飲み物と一緒に飲むと乳脂肪によって溶かされて吸収がきちんとしないまま排泄される場合があります。
また脂肪酸が含有されている果汁100%ジュースもあることもあるので、高カロリーな飲み物と併用して飲むのは避けてください。

加えて、服用当日は油っぽい食事はしないでください。

食後2時間程度で胃の中は空になると言われていますが、慢性胃炎や逆流性食道炎、胃の摘出手術を受けたことがある人、脂質の代謝が健常者より悪くなることがある胃腸虚弱である人は、健常者でも約6時間脂質が胃粘膜に付着していると言われています。

起こりうる副作用について

バイアグラは服用してから、30~40分後から血流が上昇します。

この時に次のような副作用が生じることがあります。

  • 顔の火照り
  • 多汗
  • 発赤
  • 目の充血
  • 頭重感

といったものです。
これらは服用した大半の人が感じるものであり、特に大きな問題はありません。

しかし、次のような重度な症状に襲われることがあります。

  • 頭痛:急な血管拡張により片頭痛に似た拍動性頭痛が起きます。
  • 持続性勃起症:この薬の作用時間は約3~4時間ですが、射精に至ったあとでも効果が切れず勃起した状態が続くことがあります。
    24時間以上継続する場合はこれに当てはまる可能性があるので泌尿器科へ受診しましょう。
  • 特発性難聴:薬の服用後急に耳の聞こえが悪くなる場合があるという事例があります。
    明らかな関係性はないですが、副作用の1つと考えられています。
  • 低血圧症:急激な血流改善効果されると血管が拡張するため、その際に低血圧発作を発症することがあります。

不整脈や高血圧、低血圧症を患っている人が服用すると狭心症に似た胸痛発作が起こることがあります。

併用に注意しないといけない薬

バイアグラとの併用を禁止しているのは、硝酸剤や塩酸アミオダロンといった「心臓の薬」です。これら以外にも、併用に注意する薬があるので以下で説明します。

チトクロームP4503A4阻害剤
シルデナフィルは肝臓で代謝される成分で、その際には肝臓にあるCYP3A4という酵素が作用がします。チトクロームP4503A4は、CYP3A4の働きの抑制を行う薬です。例えば、「リトナビル」、「エリスロマイシン」、「ダルナビル」、「シメジン(シメチジン)」という薬です。上記の薬との併用によって、シルデナフィルの代謝が遅延し、持続性勃起状態やホットフラッシュ(上半身の異常なほてり)などが起こりやすくなります。

降圧剤
降圧剤は、高血圧症の人に処方されます。血管拡張効果のあるシルデナフィルとの相互作用により、血管の拡張異常になり、低血圧発作が起こることがあります。中でも「アダラートL」や「ノルバスク」などは併用禁忌剤です。
降圧剤は、高血圧症の人に処方されます。血管拡張効果のあるシルデナフィルとの相互作用により、血管の拡張異常になり、低血圧発作が起こることがあります。中でも「アダラートL」や「ノルバスク」などは併用禁忌剤です。

抗不整脈剤
シルデナフィルの服用により、心筋付近のPDE5(ホスホジエステラーゼ5)の働きを抑制させ、その際に不整脈が起こるリスクが高くなります。中でも「アンカロン」、「アミサリン」、「ウェルビー」などは併用禁忌剤であります。

前立腺肥大治療薬(αブロッカー)
中年期を超えると、前立腺肥大症を患ってしまうケースが多くあります。前立腺肥大の治療薬αブロッカーにも降圧作用があるため、併用が禁止です。例えば、「ハルナール」、「ミニプレス」、「カルデナリン」といったものがあります。

併用禁忌薬

上述したように、バイアグラの服用は心臓付近のPDE5(ホスホジエステラーゼ5)にも大きな負担をかけるため、硝酸剤や塩酸アミオダロン製剤を用いて狭心症などの治療をしている人は併用が禁止です。

絶対に悪影響を及ぼすとは言いませんが、飲み合わせによる相互作用や副作用が増大することがあります。

硝酸剤の中でも、心筋梗塞や狭心症の発作時に舌下に入れるニトログリセリンが代表的です。
そしてアンカロンなどの塩酸アミオダロン製剤も循環器の治療薬なので、心臓疾患の治療中の人は医師などの専門家に相談しましょう。

硝酸剤や塩酸アミオダロン製剤が投与されるのは次の症状に当てはまる人です。

  • 心房細動
  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 心室性頻脈
  • 肥大型心筋症

α遮断薬(高血圧や前立腺肥大症の治療薬)
ハルナール、ミニプレス、カルデナリン、アビショット、デタントール、ユリーフ、イセプレス、トラブゾン、ハイトラシン、ドキサゾシン、テラゾシン、フリバス、ダウナット、エブランチル、レギチーン など

降圧剤
ノルバスク、アムロジン、アダラートL など

CYP3A誘導体
ポセンタン、リファンピシン など

急性心不全治療剤
カルペリチド

不整脈の薬
アンカロン、アミサリン、ウェルビー など

性高血圧症の一部の薬
アデムパス など

硝酸剤
アイトロール、硝酸アミル、アンタップ、アバティアテープ、イソビット、イソコナールRカプセル、イソビット、L-オーネスゲン錠、サワドールL、シグマート、ニトラステープ、ニトロールRカプセル、二トロダームTTS、ニトルペン錠、ハイパジールコーワ錠 など

上記にあげた病気を治療中の人がバイアグラとの併用が禁止になっている理由は、他の薬に含有されているシルデナフィルの効果により肺動脈や冠動脈の平滑筋内のPDE5の働きが抑制され、「QT延長作用」を引き起こすリスクが高いためです。

QT延長作用とは、心電図に現れる波形の一種であり、狭心症発作や心房細動がある人はQT派の乱れが独特になります。
シルデナフィルの服用は、QT派を大きく延長させ、胸痛発作や呼吸不全を起こす可能性が高まります。