!important

EDの改善・対策・予防は食事や運動でできる

EDの改善・対策・予防は食事や運動でできる

EDの診断がおりると予想される中には、男性器の中折れや硬度不足といったことも挙げられます。
勃起する時とそうでない時、性行為自体が十分に行えない等は起きていないでしょうか。

また勃起しないことが原因で、男性側だけでなく相手も気がかりに思う状況も、EDの症状として認められています。

発症する理由としては年齢を重ねることや体質以外にも、予期していなかった疾病に罹っていた、ということもあります。
他の人にはとても話しにくい話題となりますが、きちんとした対策を行えば良くなっていくことが見込まれています。

改善・予防のための具体的対策

勃起しない原因の一つは、血流の悪さやホルモンの乱れと考えられています。
そのため血行状態を良く、またホルモンの乱れを改善することにより、発症を防ぐことに繋がっていきます。

その他、生活習慣病である肥満、高血圧、動脈硬化等の病状の一つとなっているので、健康面での管理も重要となります。

具体的対応としては、適度な運動を取り入れたり、バランス良い食事を取り、不足している栄養素はサプリで補足するなど、日々の習慣の見直しが重要となります。
それ以外としては、心療内科でカウンセリングを受け、精神的ストレスを和らげるという手段も考えられています。

EDは身体の調子を改善するチャンスとなります。
神経や血流を改善することにより、より大きな疾病を防ぐことにもなります。
今、規則正しい生活でないならば、生活リズムを改善することにより、EDを良くしていきましょう。

適度な運動を取り入れる

適度な運動を行っていくことが、EDを良くすると言われています。
有酸素運動と言われているランニング、ジョギングは血流を良くさせ、筋力トレーニングとなるスクワットにもEDを良くする効果が見込まれています。

運動不足は筋力低下と血流の悪さがを引き起こし、EDを発症する原因の一つとされています。
その他、BMIが30を超える男性は、発症リスクが1.7倍以上も、やせ型の男性と比べ確率が上がります。
有酸素運動を取り入れることは、脂肪の燃焼のほか、血液の流れを良くしていきます。
そのため、体の血液循環が良くなり、EDの改善も期待できます。

その他、勃起をしやすくするためには、筋力トレーニングも考えられています。
スクワットのような下半身を強化する運動は、血行が改善され、ホルモンバランスを整えることに繋がっていきます。

男性器は、自らの意志で動かせない平滑筋という筋肉で作られているため、ホルモンバランスを改善することは、平滑筋という筋肉を鍛えるためには重要となります。
しかし、運動をやりすぎてしまうことは、逆にストレスとなり、効果を得ることはできません。

そのため、負担とならないよう、適度な範囲で休みの日や仕事の休憩時間に行うことが良いでしょう。

食生活の見直し

生活習慣の崩れが発症リスクの一因となるため、食事のバランスを見直すことが大切です。

中でも、特に和食を心がけた食事をすることは、EDが良くなるとされています。
なぜならEDが悪くなる食事は、濃い味で油分も多くなる、高脂肪、高カロリーとなるメニューだからです。
例えば、ジャンクフード、カップ麺、フライ物は、塩分、油分ともに多くなるため、血行が悪くなってしまいます。

それと比べ、きのこ類、豆類、魚介類はEDを良くするための良い品目となります。
また、血流をサラサラにするミネラル成分は、海藻やきのこに入っています。
その他、神経伝達物質をつくるタンパク質は魚介類や豆類に入っています。
血流を良くすることを助けるものとして、お酢やお茶があります。

こういった品目は、和食に含まれていることが多いため、そのような食事を続けることがEDを良くする手段の一つとなります。

しかし、塩分、糖分を過剰に摂取する可能性があるため、漬物や醤油、甘い味付けの煮物には注意してください。

生活習慣の見直し

EDを良くする手段としては、適度な運動を取り入れ、生活習慣を改善することが挙げられています。

生活習慣が崩れる原因である飲酒や喫煙、不規則な食事、運動不足はEDの発症リスクを高めてしまいます。
その中でも、BMIが高くなればなるほど発症リスクが上がるという研究結果があり、肥満との関係は強くなっています。

その他、ニコチンは血行を悪くする作用があるため、タバコは発症要因の一つとされています。
それだけでなく、喫煙は勃起の硬度や持続時間にも影響を及ぼしています。

これらのことから、食生活の見直し、適度な運動、禁煙を心がけることが、予防となり、改善にも繋がっていきます。
ジョギング、水泳などの有酸素運動が発症を防ぐために効果的となる理由は、血行が改善されるからです。

さらに、テストステロンの分泌量を上げるために、筋力トレーニングもおすすめです。
その他、ポリフェノールがEDの改善に良いとされるため、適量な飲酒は勃起の維持に繋がります。

しかしながら、お酒を飲み過ぎてしまうと逆にEDの発症要因となってしまいます。
飲酒の適量の参考としては、厚生労働省の飲酒ガイドラインによると、ビールだと中瓶1本、日本酒だと1合、酎ハイだと350mlとされており、1日に20gと言われています。

そのため、1週間のうち2日は休肝日を作るなど、体を休めるようにしましょう。

サプリメントでの対策や予防

バランスのある食事に改善し、生活のサイクルを整えていきましょう。
発症を防ぐには、牡蠣、アーモンド、かぼちゃに入っている亜鉛や、チョコレート、緑茶に入っているポリフェノールがおすすめです。

これらは、男性ホルモンであるテストステロンが入っており、精液が作られるため必要な要素となります。
また、それは勃起のためにも必要な成分です。
忙しく食事のバランスに気を配ることが困難な時には、サプリメントで補うなどしてうまく使ってください。

勃起する力を上げるには、その他にもビタミンが豊富にあるマカや、血流を促す効果のあるアルギニンやシトルリンも考えられます。

サプリメントは足りない栄養を補足するための健康食品であり、薬ではありません。
その場の効果を願い摂取するのではなく、続けて服用する必要があります。
また過剰摂取となった成分は、体の外に出されます。

ですので、足りない成分を理解し、今の食事を吟味した上でから選ぶと良いでしょう。

さらに作られた会社によって成分の含まれている量が違う場合があるため、値段よりも成分を重視し選んでください。

カウンセリングで改善

カウンセリングは、泌尿器科や心療内科、メンズクリニックで受けることができます。
カウンセリングは、ストレス過多や、過去の出来事による心の傷、うつがきっかけとなり発症した、心因性からくるEDに効き目があると言われています。

内容としては、カウンセラーと一緒に、心に持っている問題について探っていきます。

「日々の疲労から性行為をする時間が取れない」「パートナーの過剰な期待がプレッシャーとなる」「心の傷がある」等、心に抱える苦しみの原因や、解決手段を一緒に考えます。

カウンセリングのメリットとしては、自分で気がついていない課題を理解することですが、良くなったと実感するまでに継続的でなければならないこと、また時間がかかるというデメリットもあります。
また、それでもよくならない場合、薬物療法も併せて治療していきます。

カウンセラーとの相性も重要となります。
アドバイスをするよりも、自身の話を傾聴してくれる、わかってくれようとするという所が重要です。
安心して自分の気持ちを話せるカウンセラーに出会うため、様々なクリニックを探す所から始めてみてはいかがでしょうか。