!important

お薬通販部は海外医薬品が買えるサイト

お薬通販部は海外医薬品が買えるサイト

薬を入手したい場合、基本的にドラッグストアか病院でもらうことになりますが、「欲しい薬が保険適用外で高い」「そもそもまだ日本で認可されていない」と思う人もいるハズです。

そんな人には、海外医薬品を通販できるサイトがおススメです。

管理人がよく使っているサイトは「お薬通販部」と言いますが、薬を買える個人輸入代行サイトの中でも、品揃えが豊富で割引やクーポンも充実しているので、安く買いたい人は損がありません。
スマホやPCがあればどこでも買えますし、Amazonや楽天、Yahoo!のような通販サイトと同じ手軽さなので楽して買いたい人にピッタリです。

お薬通販部のメリット

100%正規品
・ 処方箋不要
日本語のサポートデスク
電話注文可能
各種支払い可能
ポイント3%付与
銀行振込で5%割引
お得なクーポンが頻繁に発行される

分かりやすく箇条書きにしてみましたが、電話注文できるのはとても便利です。
ポイントも付きますし、銀行振込で5%割引になる点は、他の通販サイトにないメリットでしょう。
これとクーポンを併せれば、とてもお得に買うことができます。

薬を通販で買うメリット4つ

費用をおさえることが出来る

個人輸入代行サイトと病院処方の大きな違いは、まず薬の値段です。

個人輸入代行サイトでは、かかるのは基本的な薬の値段と送料だけです。
ところが同じ薬を病院やクリニックで処方された場合、薬の値段に加えて、通院した分の診察代や処方箋料なども足し算されていきます。

さらに、自由診療扱いで保険適用外になる治療や薬も多くあります。
そうなると、かかる金額が全額自己負担になり、住んでいる場所によっては欲しい薬を処方してくれる病院やクリニックが近くになく交通費も高額になってしまうことも珍しくありません。

お薬通販部なら、送料もまとめ買いや一定金額買うことで無料になることもありますので、必要最低限の費用で入手できます。

色々な種類の薬を買える

医薬品の特許が厳しく認可が簡単に下りない国内では、買うことができない医薬品もたくさんあります。

ですが、個人輸入代行サイトの通販でなら欲しい薬を何種類も買えるだけではなく、世界中の製薬会社が出しているジェネリック医薬品を入手することも可能です。
特にジェネリック医薬品は、先発薬の3~7割の値段設定になっているので懐事情が厳しい人にも嬉しい存在と言えるでしょう。
ジェネリックによっては、フィルムタイプだったりチュアブル錠だったり、別の効果が加わったタイプのものも出ているので選ぶ自由もあります。

いつでもどこでも注文できる

通販なら、スマホやPCがあればいつでもどこでも好きな時に購入できます。

注文手続きも、届けてもらいたい住所や名前などを入力すれば済みますので、Amazonや楽天と変わらない気軽さで利用できます。

もし注文の入力が面倒な場合は、電話注文できるサイトもあります。
病院やクリニックだとどうしても通院する時間がかかってしまいますし、まとめ買いができませんので繰り返し通うことになってしまいます。
仕事が忙しくて病院のやっている時間に行けないという人でも、余計な時間をかけずにシアリスを手に入れることができます。

誰にも知られずに買える

シアリスやシアリスジェネリックなどED治療薬は、誰にも知られず購入したいと思っている人も多いでしょう。
病院やクリニックで処方してもらうと、知人に見られてしまう可能性があります。

知り合いが見つからない遠い病院に行っても医師には話さないといけませんし、交通費も時間もかかってしまい良い方法とは言えません。
通販なら、欲しい薬を人に知られず購入できます。
個人輸入代行サイトの商品の梱包は厳重ですので、外から見てED治療薬を注文したことがバレることもありません。

お薬通販部で買える薬

男性のための薬

  • ED治療薬
  • 早漏防止薬
  • ペニス増大サプリ
  • 筋肉増強剤

女性のための薬

  • ピル・避妊薬
  • 美容・スキンケア
  • 女性薄毛治療薬

男女両方のための薬

  • ダイエット
  • ホワイトニング
  • 不眠症・睡眠薬
  • 禁煙治療薬

クーポン利用でもっとお得に買える

お薬通販部では、メルマガなどでクーポンが発行されているようです。

大体1,000円以上購入したら使える500円クーポンですが、まれに1,000円や2,000円クーポンがメルマガに付いてくるので、チェックしてみても良いでしょう。

当サイトでは特別に、このサイトを見てくれた人対象のお得なクーポンを発行してもらえました。なんと、買い物金額から500円引きになります。

クーポンコード ⇒ 2019

クーポンの使い方は簡単で、他の通販サイトと同じです。

①まず、カート内にある「クーポンコードを入力」フォームに上記のコードを入れてください。

②入力後、「適用」ボタンを押せば、合計金額から500円分割引されます。

クーポンの使い方

ジェネリック医薬品とは何か

新薬は、新しく有効成分と使用用法が研究開発されて最初に製造販売される薬で、純正品とも呼ばれています。

ジェネリック医薬品は、新薬の特許期間が終わった後に他の製薬会社から同じ有効成分を使って開発され、有効性・安全性が新薬と同等であることが前提として、厳しい試験に合格したうえで、国が承認した医薬品のことです。

新薬とジェネリック医薬品の有効性・安全性は同等となっていますが、最新の技術によって飲みやすさを考慮して、大きさや香料を改良された薬もあります。
また飲み間違い防止のために、薬の名称を錠剤にプリントしているものもあります。

「ジェネリック」とは、英語で「一般的な」という意味を持つ言葉です。
ジェネリック医薬品の普及率が非常に高い欧米では、薬を処方する際に、商品の名前ではなく一般名(ジェネリックネーム)を記載することが多いことから、後発医薬品をジェネリック医薬品と呼んでいます。
それが、世界中の総称となり、日本国内でも「ジェネリック医薬品」と呼ばれるようになりました。

ジェネリック医薬品は販売価格の安さが、最大の特徴です。

新薬に比べ、3~7割の負担で購入可能です。
金額が安いから品質が劣る訳ではありません。
では、なぜ販売価格が安くなるかを説明します。

まず新薬の開発には、一般的に9~17年と長い年月に200~300億円もの開発費がかかるといわれていますが、開発がうまくいくことは少なく実際に新薬として承認されるのは、開発に取り掛かった成分の4000分の1以下といわれています。

このように新薬の開発には、大きなリスクがあります。

さらに発売までの過程には、数多くの審査を受け、莫大な資料提出も義務付けられているので非常に手間もかかります。
このことから、販売価格も高くなってしまうのが新薬です。

一方、ジェネリック医薬品の開発過程は、先発薬とはかなり違います。
すでに有効性・安全性が確立している成分を用いて開発しているため、期間も3~4年と短くなり開発費用も非常に抑えることができます。

ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは?

新薬とは新しく有効成分と使用用法が研究開発されてから最初に製造販売される薬で、先発薬、もしくは純正品とも呼ばれています。

そしてジェネリック医薬品は、新薬の特許期間が終わった後に他の製薬会社から同じ有効成分を使って開発され、有効性・安全性が新薬と同等であることが前提として、厳しい試験に合格したうえで国が承認した医薬品のことです。

新薬とジェネリック医薬品の有効性・安全性は同等となっていますが、最新の技術によって飲みやすさを考慮して、大きさや香料を改良された薬もあります。
また飲み間違い防止のために、薬の名称を錠剤にプリントしているものもあります。

「ジェネリック」とは、英語で「一般的な」という意味を持つ言葉です。
ジェネリック医薬品の普及率が非常に高い欧米では、薬を処方する際に、商品の名前ではなく一般名(ジェネリックネーム)を記載することが多いことから、後発医薬品をジェネリック医薬品と呼んでいます。
それが、世界中の総称となり、日本国内でも「ジェネリック医薬品」と呼ばれるようになりました。

ジェネリック医薬品は販売価格の安さが、最大の特徴です。

新薬に比べ、3~7割の負担で買える点が一番のメリットと言えるでしょう。
金額が安いから品質が劣る訳ではありません。

販売価格が安くなる理由として、まず新薬の開発には一般的に9~17年と長い年月に200~300億円もの開発費がかかるといわれています。
ところが開発がうまくいくことは少なく実際に新薬として承認されるのは、開発に取り掛かった成分の4000分の1以下といわれています。

このように新薬の開発には、大きなリスクがあります。

さらに発売までの過程には、数多くの審査を受け、莫大な資料提出も義務付けられているので非常に手間もかかります。
このことから、販売価格も高くなってしまうのが新薬です。

一方、ジェネリック医薬品の開発過程は、大きく異なります。
すでに有効性・安全性が確立している成分を用いて開発しているので、期間も3~4年と短くなり、開発費用も非常に抑えることができます。

個人輸入代行サイトと通販サイトの違い

海外業者との個人の直接取引を行う場合、多くの方が「言語の違い」により意思疎通が困難だと感じることがあるようです。
また「文化圏の違い」によるトラブルも多く、商品到着の遅滞や誤送の心配も少なくはありません。

基本的に、個人輸入代行サービスはそういった煩わしいやり取りを一手に引き受けて、医薬品等の個人輸入のお手続きをスムーズに行うサービスのことです。

日本の薬機法(旧薬事法)に基づき、正規ルートでの海外医薬品等の個人輸入手続きをサポートしていて、法律で取り扱い可能な商品の紹介やその他注意事項なども日本語で翻訳・説明がされているので、通常の通販サイトと同じように気軽に購入できるでしょう。

また、厚生省の許可をもらわなければいけないため、まともなサイトなら輸入規制対象の薬物等は一切取り扱いませんので、違反であることを知らずに購入してしまう心配もありません。

処方箋がなくても買える

医薬品等の個人輸入には、大きなメリットがあります。

それは、日本国内で医師の診断および処方箋がなければ購入できない医薬品も、個人の判断(処方箋不要)で取り寄せができるということです。

診断料がかからず、海外でしか販売していないジェネリック医薬品等も手に入るということで、必要な医薬品を日本で購入するよりも安価で取り寄せることができます。

海外ではその有効性や安全性が承認され、広く流通しているにも関わらず、日本国内での認可がされておらず、国内で購入することができないすぐれた治療薬は数多く存在します。

国内で新しく開発された治療薬が、アメリカやヨーロッパ諸国などで先行して承認され、その後に日本に導入されるケースもあります。
その期間のズレは「ドラッグラグ」と呼ばれるものです。

他国で販売された治療薬を自国で承認する際にかかる期間の平均年数は、アメリカで1年2ヶ月、ヨーロッパ諸国ではほぼ2年以内に対し、日本では4年7ヶ月。

この慎重さはm医療関係者内でも治療機会の損失として問題視する声もあがっているようです。

未承認薬の中には、他人に知られたくないカラダの不調、通院して医師の処方を受ければ入手できるとはわかっていても、コンプレックスを抱き、病院に足が向かないという方に必要な治療薬も多く含まれています。

個人輸入のルール

  • 一回の注文での数量制限がある。
  • 注文した商品は必ず個人で使用。譲渡や販売は禁止。

通常、海外輸入品は、企業が現地法人や日本国内の代理店等が物品を取り寄せ、国内流通させて販売しますが、『個人輸入』は企業等を介さず、個人で取り寄せて購入することを指します。

近年のインターネット普及により、海外通販も比較的手軽に可能となり、多くの方が利用されていますが、医薬品等の海外通販で気をつけなければならないのが、日本国内で定められている『輸入規制』です。

医薬品等の輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)による規制があります。

個人レベルでの購入と定められていますので、誰かの代わりに購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。
注文者本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲でご注文ください。

面倒だからといって一度に大量購入してしまうと、商用目的を疑われる可能性がありますのでご留意ください。

数量制限は、薬の種類により異なります。

  • 医薬品・医薬外部品(薬局・ドラッグストア等で購入できる薬)
    2ヵ月分以内まで
  • 軟膏剤などの外用剤、化粧品(サプリメントも含む)
    1品目24個以内まで
  • 毒薬、劇薬、処方せん薬(日本国内では医師の処方がないと購入できない薬)
    1ヵ月分以内まで
  • サプリメントなどの健康食品
    4ヵ月分以内まで
  • 排卵検査薬等の体外用診断薬
    2ヵ月分以内まで
  • 家庭用医療機器
    1セットまで

【数量の算出方法例】
1日2回、2錠の服用の薬の場合 →(2錠×2回)×60日=240錠

「1ヵ月」の日数は「30日」として算出されます。

よって医薬品に該当する錠剤(数量制限2ヵ月分以内)を1日2回2錠服用する場合は、(2錠×2回)×30日×2ヵ月=240錠までが購入可能な数量となります。

海外通販を利用する場合、自分が欲しい薬の数量制限を確認した上で使いましょう。

厚生労働省サイトにも詳細記載がありますので、必ず内容を確認するようにしてください。

お薬通販部の薬が本物か確かめた

お薬通販部の薬が本物か確かめた

個人輸入で海外医薬品を買う場合に気になるのは、ほとんどの人が「正規品」であるかどうか、ということでしょう。

ちなみに正規品とは、製薬メーカーが製造販売を行っている医薬品を指します。医薬品の説明において「純正品」という表現がありますが、これは「先発医薬品(新薬)」という意味で使用されています。
純正品でない医薬品、つまりは「後発医薬品(ジェネリック)」となります。

ジェネリック医薬品は、新薬の特許期間が経過した後、特許内容をもとに他の製薬会社が開発研究費をかけずに製造し、販売国の承認を得た治療薬です。効果効能は新薬と同等にもかかわらず、コストダウンした価格でご提供できます。
純正品よりも価格が安い医薬品であることから、偽造品と勘違いする人もいるかもしれませんが、製薬メーカーにて製造されているジェネリック医薬品は販売国の厳しい審査をクリアし認可された「正規品」ですので全く問題なく使用できます。

日本国内では、近年、ようやくジェネリック医薬品の一般的な認知度が高くなってきましたが、肝心のジェネリック医薬品の普及が十分ではありません。

医薬品によっては取り扱っている医療機関がないものも数多く存在し、海外からジェネリック医薬品を取り寄せれば、もっとコストをおさえて費用面でも安心して治療が続けられるというケースもあります。